Blog:Zine in the Classroom(2)図書館学のZine Workshop, Nov.28, 2018

図書館学の大学院の授業でZine Workshop

11月には、Kathrynが担当する情報科学部の大学院の図書館学関連の授業のZine Workshopに参加しました。「Zineとは何か」という問題を考えることは、従来の図書館が扱ってきた出版物としての書籍の扱い方やリテラシーを再考することにもなります。デジタルな情報化時代に、図書館がどのような場所として生き残っていくのかを、特に地域の図書館はさまざまに模索しています。Blog:St. Louis からZineレポート(1) Oct.22, 2018

いろいろなZinを閲覧し、古紙やいろいろな文具を使ってZinetを作る@Zine Workshop, UIUC, Nov.28, 2018

Zineについて私が語れること

これからの図書館やパブリックなスペース作りに関わっていく学生たちへの授業に参加できるなんて、ワクワクします。ゲストスピーカーとして話してくださいと依頼されていたので、今回はプレゼンテーションの準備もしました。最初に、Zine Cultureとの出会いについて私自身の話をしました。仕事や活動の中でZineに関わることがあれば、その人のZineをめぐる体験がプロジェクトを展開していく原点になると思ったからです。そのあと、私が日本の大学でZine-MakingとZine Festを取り入れたどのような授業を行なっているかを説明しました。

教室でZine-Making

授業の後半の1時間は、受講生は、さまざまなZineを手にとって眺めたあと、Kathrynが用意したマジックや色鉛筆やハサミやノリなどの文具と古雑誌や新聞を使い、”Literacy” をテーマに、Zine作りが始まりました。最初は戸惑っている学生もいましたが、そのうちに、それぞれ楽しそうに、手を動かしていきました。隣の人と話したり見せ合う人もいれば、黙々と作業をしている人もいます。

大学院授業でZine Workshop,最初は戸惑い、作っているうちに楽しくなる@IS502Fall, Nov.28, 2018

即興Zineの躍動感

授業の最後には、躍動感のある作品が提出されました。古雑誌のページの選び方、切り抜き方、組み合わせ方が、絶妙です。Literacyという共通のキーワードを設定することによって、そこから発想を広げることができる。しかし、出来上がった作品が主張する内容や表現はそれぞれ異なる。1枚1枚を(あるいは全部を組み合わせて大きなポスターにして)図書館に貼りたくなります。Mugi

Zine Workshop, 1時間後には古紙を切り貼りして個性的なシートが出来あがり@IS502Fall, Nov.28, 2018

カテゴリー: Mugi-chan blog パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です