No.431, June21, 2019, Erikaさん、7年ぶりに出演!現在はコミュニティカレッジで教師

山形県沖を震源とする地震

日本では、6月18日に山形県沖で地震が発生し、「新潟県村上市で震度6強、山形県鶴岡市で震度6弱を観測したほか、北海道から中部地方にかけて震度5強~1を観測」しました(「2019年6月18日山形県沖の地震に関する情報」より)。昨年の同じ頃、大阪北部地震がありました。梅雨の時期で、屋根の瓦が落ちた後にブルーシートがはられ、その後も大変だったことを思い出しました(Mugi) (HS Podcast No.379)

雨、雨。@Champaign, June20, 2019

今年は、「九州北部、四国、中国、近畿はまだ梅雨入りしてない」そうです。「令和元年の梅雨入りと梅雨明け(速報値)」Urbana-Champaignは、今日の午後も雷雨。今年は雨がよく降ります。

7年前は高校生だったErikaさん

今週のゲストは、7年ぶりにErikaさんの出演です(No.52-2 Unity HS Musical “The Wiz” with Erika-san、March23, 2012)。Erikaさんが、高校卒業後、どんな道をたどったのかを、日本語で語っていただきました。Part2&3へ。

最初は少し緊張気味@WRFU Studio, Urbana, June21, 2019

Part1, 地震、梅雨、Erikaさん自己紹介、イベント情報

恵里夏ローゼンバーガーです。2012年、高校3年生の時にやったミュージカルの宣伝を兼ねて、この「はるかなショー」に出演させていただいたことがあります。それから7年が経ちました。by Erika

Erikaさんからは、地元の情報も、いろいろ教えていただきました。Erikaさんのお父さんの農園では、今年は雨が多かったため、コーンや大豆の種まきが例年より遅く、6月に入ってからだったそうです。

フォーミング用機械@Rosenberger Farm, May 2018, photo by Saiko-san

U-Cイベント情報

Summer Twilight Concert on the Quad:6/27(木)& 7/25(木)7pm-8pm, The University of Illinois Summer Band meets during the summer session and performs two “Twilight Concerts” on the UI Quadrangle. This tradition goes back over 100 years, and is a special element of the Illinois Band Program.「これは絶対アウトドアで聞くのが迫力があっていいと思います。おススメです。」by Satomi (Summer Band)2016年のSummer Bandの演奏の様子はこちらへ。

Erikaさんから、色々な地元のお話も伺いました@WRFU Studio, June21, 2019

Part2, Community CollegeからUIUC編入、現在、心理学の教師

高校を卒業してから、Champaignにあるコミュニティー・カレッジ、Parkland College に2年間通い、イリノイ大学に編入学しました。専攻は心理学で、2016年に卒業し、イリノイ州立大学の大学院修士課程に入り、去年修了しマスターを取りました。その後、Bloomington のコミュニティー・カレッジ Heartland Community College と Parkland College で心理学を教えています。by Erika

コミュニティカレッジには高校を卒業したばかりの学生だけでなく、子育て中の人たちや仕事をしながら通う人など、地域から幅広い年齢層の人々が多様な目的で学びに来ます。Erikaさんの場合は、2年間は、授業料免除となる奨学金制度を利用してコミュニティカレッジに通い、その後イリノイ大学の編入しました。コミュニティカレッジは、1クラスが30人前後の少人数なので、学生と教師の距離が近く、また様々な人と出会うことができ、Erikaさんにとっては貴重な体験でした。

Erikaさんは、大学では社会心理学と発達心理学を学んだことで、人の行動の背景まで考えるようになり、感情的にならず人と付きあえるようになったそうです。コミュニティカレッジでは、自分より年上の生徒に心理学概論を教えることが多く戸惑うこともありますが、生徒の人生経験からも学びながら、授業作りを楽しんでいます。

(左)卒業写真@UIUC, photo by Saiko-san, May13, 2016,(右)家族写真@Champaign-Urbana Astronomical Society Observatory, May 2018

Part3, 日本語補習校やコミュニティカレッジで日本語教師 も

私の父はアメリカ人ですが母は日本人で、何とか日本語ができるので、今年に入って春学期から、Bloomington のコミュニティー・カレッジで、ノン・クレジットのクラスですが、日本語のクラスを一クラス受け持つことになり、何とかこの4月に終わらせたところです。また、イリノイ州立大学のある Bloomington-Normal には、土曜日本語補習校があり、そこで日本人ではない子供たちに日本語教え始めました。大学院に入ってすぐ始めたので、この5月で3年教えたことになります。by Erika

Erikaさんは、子供の頃からお母さんが毎日1時間、日本語を教えてくれたことに、今はとても感謝しています。また、子供の頃は、アニメやJPOPなど、日本のカルチャーにたっぷり触れ影響を受けました。日本にも、何度か行きました。食事が、とても美味しかった。Erikaさんは、鰻重が好きですが、イリノイではなかなか食べられません。家では、Catfish(ナマズ)を代用して料理します。ミルクに1日つけて臭みを抜き、フライパンで焼いて、最後に鰻のタレをつけます。

Ryuta-san from Shizuoka@WRFU Studio, June 21, 2019

Erikaさん、Ryutaさんの話では、アメリカでは日本語を学ぶことができるコミュニティカレッジが多いそうです。その地域に日本の企業が(かつて)あったり、アニメをはじめとした日本のポップカルチャーの影響も大きいようです。

Ryutaさんは、U-Cで、Harukana Showが始まる何年か前に、お母さんのSaikoさんを通してErikaさんとも会ったことがあるそうです。今日は、Erikaさんが、そんな歳月を現在に繋いでくれました。ありがとうございます!(まとめbyMugi)

■Mayday Parade”Stay”■Paramore “Misery Business ”  ■SUM41「No Reason

Farmer’s Marketの日、幸い、晴れ@Champaign, June18, 2019

 

カテゴリー: Harukana Show-Podcast パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です