No.469, March20,2020, 「1ヶ月のイリノイ大学留学中に、非常事態宣言」with Kotaro-san &Yoshinori-san

Harukana Showは、制作方法を変更して通常通り放送

COVID-19感染拡大に対して、イリノイ州、そしてアメリカ全体にも非常事態宣言が出され、U-Cでも、暮らしに影響が出ています。WRFUがあるUCIMCでも、現時点では、4月5日までのイベントは全て中止となりました。ラジオ局スタジオからの番組制作は困難となりますが、Harukana Showでは、今週から、ゲスト出演者とオンラインでトークを収録、編集し、通常とおり金曜日の6pm-7pm(日本時間では土曜日午前8am-9am)にラジオ放送・ストリーム配信してゆく予定です。

COVID-19感染防止対策のU-Cでの影響 with Wataru

番組のHost役は、日本のKyotoからMugiko、U-CからM. Wataruさんです。3月13日にトランプ大統領の非常事態宣言(イリノイ州はそれ以前から)出されてから、U-Cでも、感染拡大防止対策によって生活に影響が出ているようです。幼稚園から高校まで休校になっています。イリノイ大学は、春休み中ですが、3月23日の授業開始以後も、全てオンライン授業になるそうです(イリノイ大学のCOVID-19情報)。U-Cのレストランなども店内で飲食ができず、テークアウトのみとなっています。スーパーマーケットでは、冷凍食品やお菓子など保存食が少なくなっているようです。

Part1, 非常事態宣言後のU-Cの暮らしby Wataru、ゲストのYoshinoriさん、Kotaroさんの紹介、イリノイ大学での留学の様子

Part2, 「鳥人間」by Yoshinori、イリノイでテコンドー部に参加by Kotaro、日本への帰国

充実した留学中に、突然にCOVID-19感染拡大防止の非常事態に

本日のゲストは、Wataruさんからご紹介いただいた、九州大学機械航空工学科3年生のYoshinoriさんとKotaroさんです。2月下旬から1ヶ月間滞在の予定でイリノイ大学の機械工学部に留学しています。3月20日にWRFUのスタジオからラジオに出演していただくことになっていたのですが、外出を控える事態となり、急遽、3月18日にオンラインでトークを収録させていただきました。お2人は、いつ帰国できるか分からない状況の中で、前向きにお話をしてくださいました。

「鳥人間」の活動をしています!Yoshinori

九州大学工学部 機械航空工学科3年のYoshinoriです。出身は鹿児島県鹿児島市、鹿児島玉龍中学校・高校卒業で中高時代 は水泳部でした。現在は九大で九大鳥人間チームに所属しております。九大鳥人間チームでは、滑空機(ペダルをこがずにパイロットの重心移動や尾翼の操作などで操縦する方の鳥人間)を作っております。昨年は鳥人間コンテストの滑空機部門で2位を獲得しました。今年も鋭意製作中なので応援よろしくお願いいたします!by Yoshinori

Yoshinoriさんは、イリノイ大学では、エアコンに付着する水分を除去する研究に携わりました。お話を聞いていると、プラモデルとアニメ好きが昂じて、鳥人間へと展開したようです。次回、九州から Harukana Showに出演していただくときは、ぜひ、Yoshinoriさんたちの鳥人間チームをご紹介ください。Mugi

日本では空手、イリノイ大学ではテコンドー部に参加 Kotaro

私は九州大学3年生、工学部機械航空工学科のKotaroです。兵庫県神戸市東灘区出身で、白陵高校を卒業しました。高校までは野球をしており、現在は九州大学で空手をしております。イリノイ大学では、物質表面における点欠陥の働きと酸化反応の傾向を、異なる温度・異なる酸素濃度条件のもとで比較する研究をしております。実験には光学装置を用い、酸化による物質の光吸収率変化を利用することで、物質の酸化の様子をグラフ化しています。大学ではテコンドー部の練習に参加させていただきました。テコンドーは韓国の国技ですが、部内には日本に興味がある人が多く、驚くべきことに、日本語を使える人もかなりいました。また、テコンドーは激しい足技を多用する武道ですが、彼らはK-POPとテコンドーを融合したダンスも独自に練習しており、非常にアクロバティックで見応えあるパフォーマンスを披露していただきました。その一部を添付いたします。

改めまして、この度はHarukana Showにお招きいただき、ありがとうございました。またお会いできる機会を心待ちにしております。Kotaro

Kotaroさん、Yoshinoriさんは、日本への帰国を1週間早めることになったとトーク収録の後、お知らせがありました。無事の帰国を祈っています。

また、本日の放送直前、現地の3月20日5pmに、イリノイ州知事より、イリノイ州居住者へ自宅滞在命令が出されました。現時点では、3月21日(土)5pmから4月7日までの措置となっています。(Gov. Pritzker Announces Statewide Stay At Home Order to Maximize COVID-19 Containment, Ensure Health Care System Remains Fully Operational)。

WRFUのコミュニティラジオ番組も工夫しながら放送継続予定

U-Cの事態も刻々と変わり、WRFUでも、今後どのように番組制作、放送が可能かをZoom Meetingで話し合いました。Mugikoも日本から参加することができ、メンバーの息遣いや生活感が音声と画面を通して身近に伝わってきました。それぞれの番組担当者は、ボランティアの住民です。在宅でどのように番組を収録、制作できるか、各自がソフトや機材を揃えることは難しいですが、その時、その状況で、できることを工夫しながら、問題を共有して、番組を続けてゆきたい、という結論になりました。本日のHarukana Showも、Wataruさん、Kotaroさん、Yoshinoriさんの参加と、WRFUのメンバーのサポートによって、定刻に放送、配信できました。ありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いします。Mugiko

■Aimer「LAST STARDUST」■earthmind 「B-bird」■THE BLUE HEARTS「人にやさしく」「

 

 

カテゴリー: Harukana Show-Podcast パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です