No.474-2, April24, 2020, AWAJI 藍LAND project(1), 「藍の育て方」with Negi-san

Awajiで「おのころ藍」を育てる

藍の育て方with 藍師のNegi-san

本日の番組後半のゲストは、初出演のNegiさんです。AWAJI 藍 LAND projectとNegiさんの紹介、NegiさんとMugikoのKyotoでの出会いについては、予告編(HS Podcast No.473)に記しました。今週はNegiさんに、藍をどのように育て染料を作るのか、詳しく聞いています。

AWAJI 藍 LAND projectとNegiさんの自己紹介

「淡路島にて夫婦で藍の栽培から発酵染料作り、日本古来の微生物の力を借りた藍染めをしています。自然に寄り添う暮らしの中で、宇宙に浮かぶ地球のような調和のとれた輝く青を創ります。」by Negi-san

Part3,  Negiさんの自己紹介、藍師・染師、 「おのころ藍」の由来、藍との出会い

Part4, 藍を畑で種撒きから染料作りまでの長い工程、渋沢栄一と藍

土のある暮らしがしたい

Negiさんたちは、土のある暮らしがしたいと考えて、大阪から淡路に移住しました(東日本大震災が暮らしを見直すきっかけでした、というお話は次回に)。そして、米や玉ねぎを作り始めました。ある時に、友人が、藍の種をくれたので、育ててみました。そんな偶然から、畑で藍を育て、染色も始めました。

藍の染料つくりと藍染め

日本の藍はタデ科です。藍師とは、畑で藍を育て、染料を作る人です。春に種を蒔き育てた藍の葉を乾燥させ、冬場に3ヶ月かけて発酵させて染料を作ります。これを使って染める人が染師です。藍師と染師の仕事は分業の場合が多いのですが、Negiさんたちの工房ではどちらの工程も手がけています。

おのころ藍

Negiさん夫婦は、自分たちが育て染める藍を「おのころ藍」とよんでいます。『古事記』のイザナギノミコト・イザナミノミコトが最初につくったのがおのころ島、淡路島には、この伝承をもつ島があります。そこで、淡路島の土壌で育てる藍を「おのころ藍」と名づけました。*「古事記「国生み」のオノコロ島どこ?」(もっと関西)、日本経済新聞2018年12月13日

藍の種蒔きから蒅(すくも)作りまで

藍の種蒔きは3月です。夏場に何回かに分けて葉を収穫します。11月から2月にかけて、藍葉を乾燥させ、何度も水うちして醸します。70度くらいまで室温が上がります。発酵させて堆肥状となったものが、蒅(すくも)です。藍の葉に含まれる藍色の成分は、実はわずか5%ほどです。葉を発酵分解させることによって、かさを減らし凝縮された染料ができるのです。種をまいてから蒅ができるまでに約1年、しかし、できたての蒅は「若くてあばれやすい」と昔から言われているので、Negiさんたちも梅雨明けまでさらにねかします。

藍建て、染料液作り

蒅は堆肥状のかたりまりです。小さく分けて持ち運びはしやすいですが、このままでは、布を染めることができません。色素を水溶性にするために灰汁を使用しアルカリ性の環境をつくり、蒅(すくも)に眠る微生物を活性化させ二次発酵を促しながら10日ほどかけて染色液を作ります。温度や季節によりますが、「微生物と対話しながら」灰汁をたしてゆきます。この染色液つくりを「藍建て」と言います。甕の中の色素を使い切ったら、また新しい染色液をつくります。現在、工房には5つの甕があります。

2月から3月の農閑期に淡路を離れ展示販売

2月に蒅ができてから、3月の種蒔きまでは、農閑期、というか染色仕事は別として、畑〜蒅作りの作業がないので、淡路島を離れることができます。この時に、展示販売会やイベントを行います。2020年の冬には、どこでワークショップを開いたのか、については、来週のトークに続きます。

渋沢栄一と藍がキテイル!

ところで、2021年から放送予定のNHK大河ドラマ『晴天を衝け』は、渋沢栄一(1840-1931)が主人公です。渋沢家は、藍染めの原料となる藍玉の製造販売をしていたそうです。。また、2024年に一新する新紙幣の1万円札のデザインは渋沢栄一。藍がキテイル!予感がします。(まとめ by Mugi)

歳月をこえた対話

Negiさんの丁寧な説明を聞いているうちに、藍染めは、藍という植物と無数の微生物と土や季節と、人との対話を重ねできるものだということを、感じることができました。その方法と経験が歳月をこえて古来から今日までひきつがれている、そんな藍への深い愛情をこめて「おのころ藍」という名前がつけられたのだと、改めて思いました。(Mugi)

Negiさんによる青色な染曲■TommyGuerrero「Blue Masses」■Geoff & Maria Muldaur「Blue Railroad Train

カテゴリー: Harukana Show-Podcast パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です