No.524, April9, 2021, C-Uでのワクチン接種、メキシコの国境で今、何が

久しぶりにRyuta&Mugikoの2人トーク

今回は、音楽を入れてライブ配信のようにちょうど1時間番組(正確には58分)になるようにと収録を始めました。しかし、Mugikoがすっかり時間を忘れてしまい、Ryutaさんが苦笑。本日は、Tomさんから伺ったU-Cでのワクチン接種についてや、CU Immigration Forumのイベント情報をお届けし、続きは、また来週に。今日の配信を聞いて、「お二人のトークを聴いていたら、いろいろあるけど無事に一週間過ごせたな、と安堵しました」というメッセージいただきました。ありがとうございます。

Part1, 日本は新学期、ウイズマスクな暮らし

Part2, C-Uでのワクチン接種:Tomさんの場合

Part3, C-U Immigration Forum、メキシコ国境をこえる子供たち

Champaign Countyでは、4月5日よりCOVID-19ワクチン接種の対象が16歳以上に拡大されました。そこでChampaign在住のTomさんに接種前と接種後に話を伺いました。

Tomさんからワクチン接種レポート

まず、Illinois COVID-19 Vaccine Spotterから予約します。Zip Codeを入れると、予約可能な会場と日持が掲示されます。4月9日夜にサイトにアクセスしたら、4月13日(火)に「Walmart – 2610 N Prospect Ave, Champaign, IL, 61822」や「Walmart – 100 S High Cross Rd, Urbana, IL, 61802」など、U-C内の接種会場の他に、RantoulやDecaturなどの会場も掲示されていました。

Tomさんは、Champaign市内のMeadowbrook Community Church会場を予約しました。接種の際に提出する書類がメールで送られてきます。必要事項(氏名、性別、住所、人種、エスニシティ、保険、ソーシャルセキュリティ番号など)を記入、チェックを入れて、接種に関する十分な説明を受け、効果、副反応の可能性などを理解したうえで、接種に受けることを同意するサインをします。

会場は混雑もなくスムース

接種会場には予約時間に遅れず、しかし5分より早く入らないようにと指示されています。Tomさんは自分で車を運転して予約5分前に会場に到着しました。受付で、接種の説明、注意などを記した5ページの説明書を受け取ります。接種の際には、COVID-19の感染歴などを尋ねられます。接種後は、接種証明と次回の予約カード(4週間後の同じ場所と時間)をもらい、 しばらく(原則15分)会場で体調などの様子を見て、帰宅。

話を聞く限りでは、並んで待つような混雑もなく、到着してから会場を出るまで半時間もかからなかい様子でした。Tomさんは、腕が腫れたり赤くなったりはしなかったけれど、痛みがあってその日は熟睡できなかったと話していました。 Champaign County在住の高齢者の方は、2月、3月にすでに2回の接種を受けたとメールに記されてました。

UIUC JPN COVID-19 Twon Hallの集まりや、U-Cからの話を聞いてると、COVID-19の感染拡大の状況、州政府や地方行政からの随時の情報提供、対策の打ち出し方、検査やワクチン接種などの住民がアクセスできるサービスなど、日本との違いに驚かされます。Mugi

メキシコとの国境で、今、何が起きているか

C-U Immigration Forum主催 ”Children at the Border, what is really happening this time“:2021年4月13日5pm-6pm(CDT) Zoom開催

Law professor Deborah Anthony Children will speak on her experience with Border Patrol Facilities in Texas: Compliance with Legal and Humanitarian Requirements.

アメリカとメキシコの国境を保護者が同伴せずに超えてくる子供の数が急増し、収容、保護などの対応が整っておらず、混乱が生じています。「解説:バイデン米大統領、国境に集まる移民にどう対応」BBC News Japan, 2021/04/03、「急増する米メキシコ国境の子供の移民、収容施設は悲惨な状況」Fobes, 2021/03/31

今回のC-U Immigration FormのZoom Meetingでは、イリノイ大学のDebora Anthony教授から国境で何が起きているのか、どのような人道的支援が必要なのか、など話を聞きながら、参加者たちと意見交換します。地域外からの参加も可能です。(詳しくはFBへ)

C-Uにおいても保護者を伴わない移民の子供たちに関する取り組み

子供たちのなかにはアメリカ国内にすでに親や親戚がいる場合もありますが、行先がない場合もあります。一時的に保護するだけでなく、年齢も米国内での状況も異なる未成年者をその後、どのようにアメリカ社会に受け入れることが可能なのか。全米の各地の組織、団体が情報を交換しながら連携をすすめています。UrbanaにあるThe Cunningham Children Homeでは、未成年の保護者が伴わない移民の心身の健康、教育プログラムなどに取り組んでいます。“Unaccompanied Children program to begin in Urbana”, FOX Illinois, 2021/03/18

■羊毛とおはな「カントリーロード」■ハナレグミ「オリビアを聴きながら」■中山うり「空飛ぶくじら」*曲入りの番組全体はWFUのアーカイブへ:wrfu:2021-04-0901800.mp3(55MB)

 

カテゴリー: Harukana Show-Podcast パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です