No.549-1, Oct.1, 2021, 日本は非常事態宣言解除、 UIUCはHomecoming Week

非常事態宣言解除

日本は10月1日に、COVID-19に関する非常事態宣言が全て解除されました。その後の対策は都道府県によって異なります。Part1では、Osaka在住のTsujinoさんに、最近の暮らしの様子を伺ってみました(9月30日収録)。今回のゲストトーク(Part2 & Part3)は、Osaka在住の画家Tomoyaさん、V R美術館についてです。こちらは、No.549-2をご覧ください。

Part1, 非常事態宣言解除、Osakaとデパート、和菓子with Tsujino

Osakaはこの夏は、日本全国のなかでも感染者数が多く、厳しい医療状況が続きました。Tsjinoさんは、Osaka市の南部に住んでいます。この地域では、普段は百貨店を身近に利用する人が多くいますが、コロナ禍では、Tsujinoさんの観察によると、デパ地下を利用する人が減り、近所のスーパーパーケットの買い物客が増えました。Tsujnoさんは和菓子が大好きですが、デパ地下で買うこともあれば、個人のお店に立ち寄ることもあります。和菓子は、その時々の季節を表現していて、眺めて感じて味わうことができます。写真は、9月の重陽の節句の「菊の被綿(きせわた)」をあらわしています。

UIUCはHomecoming Week 2021

U-Cは、今週は、最高気温は30度近くまであがった日もありますが、夜はだいぶ涼しくなりました。Champaign在住のTomさんによると、ダウンタウンではあちこちで道路工事をしていて、車で通行しにくいとのこと。COVID-19の感染拡大が以前よりはおさまり、街も動き始めているようです。UIUCは、来週はHomecoming Week 2021 (10月3日〜9日)です。

CEAPS, Brown Bag: Roderick Wilson “Turbulent Streams: Producing Japan’s Modern Regime” , Oct.8, 2021, 3:00-4:30pm, Registration  詳しくはこちら

下記は、Champaign Urbana Public Health Districtの2021年9月29日付の感染とワクチン接種の状況です。Champaign Countyの中でも、場所によってワクチンの接種率にかなりの差があります。Booster接種についてなどの最新の情報は、UIUC JPN COVID-19 TOWN HALL Twitterをご覧ください。

TatsuyaさんよりC-U地区のCOVID-19の状況アップデート(10/3/21)が届きましたので、共有します。なお、UCIUC JPN COVID-19 TOWN HALLの定期開催は休止中です。

●UIUCのShield検査陽性率は横ばいで、過去の学期と比較しても低水準で推移しています。キャンパス内のCOVID-19感染は十分制御されている状況にあります。

●C-U地区全体も、検査陽性数・陽性率共に微減傾向で推移しており、感染の状況は比較的落ち着いています。

●2020年のデータを見ると、IL州全体・C-U地区共に、10月上旬から急速に感染が再拡大し、11月中旬頃をピークとする感染第3波に突入した経緯があります。今年の秋~冬の見通しを立てる上で、今後2~4週間のデータを注視する必要があります。by Tatsuya

カテゴリー: Harukana Show-Podcast パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です