No. 554-1, Nov.5, 2021, 色づく秋、今週末から冬時間!

色づく秋をトリオでトークby Tsujino, Ryuta & Mugiko 

本日のHarukana Showのホストは、Tsujino(Osaka)、 Ryuta(Shizuoka)、Mugiko(Kyoto)のトリオです。No. 554-1は季節の情報、後半No.554-2は、先週に続き、Plathさんと柳沢健さんの時と場所をこえてつながる物語です。番組でお届けできなかったメッセージや情報もPodcastでは掲載していきます。

No. 554-1, イベント情報、KofiさんのManga Workshop、AsiaLENS

夏時間から冬時間へ、来週のHSは日本時間土曜日午前9時から

アメリカでは、11月7日(日)午前2時に、Day Light Saving Timeが終わり、Standard Timeとなります。時計の針が1時間戻り、アメリカ中部時間と日本との時差が15時間となります。来週のHarukana Showは、日本では土曜日午前9時から開始となります。

「色づく街」by Satomi

U-C在住のSatomiさんから先週末のHalloweenの様子と秋の写真をいただきました。

先週の番組では、「色づく街」の歌、久しぶりに聞いてすごく懐かしかったです。こちらアーバナ・シャンペーンは、ここ2,3日朝と夕方の気温が低くなったためか、ようやく街が紅葉で「色づいて」きました🍂

今年のハロウィーンも、例年に比べて、お菓子をもらう子供たちの数が少なかったような気がします。間接的に渡すように、家の外にお菓子を置いたテーブルまたはバスケットを出していた家々が多かったようです。ちなみに、我が家は、「トリックオアトリート」と訪問した子供たちに言われて(こちらが)ドアを開けてキャンディを渡す、いわゆるオーソドックスな形式でした。今年、私が彫ったパンプキンの写真を添付しておきます。-Satomi

Satomiさん、U-Cからの季節レポートありがとうございます。ランタンの写真、右のパンプキンがとっても怒っていても、左のフクロウはマイペースな感じで、すごくいいなあ。Kyotoも同じくらい紅葉してきました。

Mugi

■Free Art Workshop: Introduction to Japanese Manga Storytelling

HSにも何度か出演していただいたKofiさんのManga Workshopです。11月6日(土)1:00-2:30pm@University YMCA (1001 S Wright St, Champaign, IL 61820)Kofi Bazzell-Smith is an artist, professional boxer, and MFA candidate in the New Media program at the University of Illinois. His area is Japanese manga, which he produces in both English and Japanese. Kofi has both boxed and studied manga with professionals in Japan and gives talks and workshops on manga, language, and international engagement. A recipient of the 2021 Foreign Language and Area Studies fellowship(FLAS), Kofi’s goal is to promote engagement through art and language on campus. HSNo.406, 409, 410, 463, 464

AsiaLENS:AsiaLENS: Denise Ho – Becoming the Song/ Sue Williams

(Virtual Screening + Online Filmmaker Discussion),Nov 9, 2021   4:00 – 5:00 pm , Speaker:Sue Willams, Register for virtual screening 11/5-11/12 + online discussion 11/9 

About the Movie
“Denise Ho – Becoming the Song” profiles the openly gay Hong Kong singer and human rights activist Denise Ho. Drawing on unprecedented, years-long access, the film explores her remarkable journey from commercial Cantopop superstar to outspoken political activist, an artist who has put her life and career on the line to support the determined struggle of Hong Kong citizens to maintain their identity and freedom. (Sue Williams and Helen Siu. 2020. United States. 83 minutes.)

About the Director
Sue Williams has produced and directed five critically acclaimed, feature documentaries about China for national PBS broadcast, including Frontline. Contemporary China features prominently in her most recent film, Death by Design. Sue also directed two highly praised biographies on Eleanor Roosevelt and Mary Pickford for the PBS series, American Experience. Her films have been broadcast in more than 25 countries and appeared in festivals around the world; they have won numerous awards, including the Cine Golden Eagle, two International Film & Video Festival Awards, Chris Awards and two Edgar Dale Awards for Best Screenwriting.

*This event is co-sponsored by the Spurlock Museum of World Cultures.
*This event is supported by the U.S. Department of Education Title VI National Resource Center (NRC) program.

Champaign County新規陽性者数増加

新規感染者数が先週より増加しています(HS No.553-1)。年末に向けてイベントやパーティも多くなります。気温が下がり、屋内で過ごす時間もふえます。くれぐれも、感染防止対策を忘れずに。

5-11歳へのワクチン接種、UIUCのCOVID-19ワクチンBooster接種対象者拡大

アメリカCDC(疾病対策センター)は、11月2日に、PfizerのCOVID-19ワクチンについて、5歳から11歳についても接種を推奨すると発表。11月2日にUIUC JPN COVID-19 TOWN HALL主催者のTatsuyaさんからのお知らせ(2021年11月2日付)を共有します。最新ニュースは、TOWN HALL Twitterをご覧ください。Tatsuyaさん、いつも貴重な情報をありがとうございます。

*NHK NEWS WEB「ファイザーのワクチン “5~11歳の子ども 接種を推奨” 米CDC」2021年11月3日11時30分

5歳〜11歳へのワクチン接種

Point 1: CDCの専門家委員会(ACIP)が、5~11歳を対象とするPfizer/BioNTechワクチン接種を全会一致で勧告。COVID-19ワクチン接種対象が“5歳以上”に拡大される見通し。IL州では、5~11歳の子供に対する接種を、大規模接種会場ではなく、小児科医または薬局で実施する方針(今後の詳細情報に留意)。11月19日までに1回目接種を受ければ、クリスマス前に接種完了が可能。米国内でのCOVID-19ワクチン承認の最新状況は添付画像の通り。-Tatsuya

UIUC JPN COVID-19 TOWN HALL by Tatsuya, Nov.2, 2021

UIUC関係者のBooster接種対象者拡大

Point 2: UIUC関係者(教職員・学生)のCOVID-19ワクチンBooster接種対象者が大幅に拡大。(1) Champaign郡内に居住または勤務/通学  (2) 接種完了から6か月以上が経過 (3) 18歳以上。これら3条件を満たす場合、基礎疾患の有無等に拘わらずBooster接種の対象に→接種会場の情報。なお現時点では、近い将来、UIUC関係者に対してBooster接種を義務付ける予定はないとの情報。Booster接種は任意だが“強く推奨”とされている。-Tatsuya

カテゴリー: Harukana Show-Podcast パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です