No.582-1, May 20, 2022, 「アメンボは何の仲間?」「3年ぶり!」

「3年ぶり」の再開/再会

コロナ禍で中止されていたイベントが再開、「3年ぶり」という表現をよく聞くようになりました。本日のHarukana Showの前半は、各地からのメッセージと写真を紹介します(No.582-1)。後半は、Kojiさんのトークの3回め、いよいよ学位論文の研究のお話です(No.582-2へ)。番組の収録は日本時間の5月19日(木)、ShizuokaからRyutaさん、KyotoからMugikoが出演しました。

Part1, 今週のいきものがかり-Tsujino, 佐渡ロングライド210- Yoshi

アメンボは、カメムシの仲間!with Tsujino

小さな池を通りかかったときに、水面をすいーっと動く水生生物に出会いました。オオアメンボです。見慣れているアメンボよりずっと大きく、一番長い中脚を伸ばすと体長5センチくらいでした。図鑑によると、アメンボは、カメムシの仲間ということが発覚! カメムシ目アメンボ科。カメムシには多くの種類があるのですが、アメンボの体は、細長い体のカメムシと確かにそっくり。さらに図鑑を読みすすめると、水面に落ちてきた蝶やトンボなど小昆虫の体液を吸うとか。。。次々と明らかになるアメンボの生態を知り、驚きの連続でした。

アメンボは長い脚を使い、水面に波紋を起こし、求愛行動やなわばりなど、仲間同士でコミュニケーションをとるのだそうです。次は仲間とコミュニケーションをとっている様子に出会いたい。-Tsujino

アメンボがカメムシの仲間だったなんて!いきものがかりのTsujinoさんの「日々の再発見」、毎回、楽しみです。-Mugi

3年ぶりに佐渡ロングライド210!wtih Yoshi

3年ぶりに開催された佐渡ロングライド210に参加しました。210kmの佐渡島一周のコースを12時間かけて走ってきました。島の皆さんに応援してもらって、ありがたい旅でした。写真の食べ物は、それぞれのAS(エイドステーション)で支給されたものです。受付のときにもらった景品の写真もつけておきます。感染対策のためか、果物が支給されなかったので、コーラをもらって頑張りました。-Yoshi

3年ぶりのイベント、迎える人も参加する人も、この日を待ちに待っていたんだろうなあと思います。Yoshiさんはロングライドの翌日も、いつものとおりお仕事されたそうです。-Mugi

3年ぶりに賑やかな卒業式

先週は、イリノイ大学でも3年ぶりの対面卒業式。Wataruさんがこんな写真をメッセージを送ってくださいました。

「先週の土日は、卒業式・修了式で賑やかでしたよ。Alma Mater 像もおめかし済。私も、COVID-19 テストを受け negative なのを確かめた上で、地理学専攻大学院生で集まってバーベキューを楽しみました。」-Wataru

Champaign CountyのCOVID-19陽性確認数は、先週より減少傾向。夏休みになって大学関係者が少なくなったことも影響しているのかな。-Mugi

Confirmed Champaign County COVID-19 Cases, May 20, 2022, 9.14AM AM, CUPHD

カテゴリー: Harukana Show-Podcast パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。