No.144 Dec.27,2013 娘のシューカツwith Toshiko、Nerimaku-Tokyo

Urbanaのスタジオへ、U-Cは閑散と

2013年のHarukana Showも最終回。しかし、Mikeさんはホリデー、RyutaさんはSt.Luise、Tamakiさんは引っ越し、Urbanaのスタジオはひっそり。というわけで、Mugikoがピンチヒッター(?)、Urbanaのスタジオに来ております。

年末のUrbana-Champaignは、人気が少なく、ダウンタウンに派手なイルミネーションもなく、閑散としています。クリスマスは家族のためのイベント、なんだろうなあ。番組開始時刻は、KyotoもChampaignも気温が2℃。比較的、暖かい日でした。

電飾、Champaign, Dec.27.2013

電飾、Champaign, Dec.27.2013

■餡入り餅のお雑煮、今年巫女さんのバイトwith Harukana Show Talk Band

HS Podcast No.144-1, Dec27, 2013(4:51)

クリスマスがすむと、いよいよ年末、お正月の準備で大忙し。イリノイ大学の学生さんは、実家に戻ったり、友達と旅行にいったりする人も多いかと思います。今年の最後も、Harukana Show Talk Bandの皆さんでにぎやかに、お正月のお雑煮について、話が盛り上がっています。トークのなかで香川県では餡入り餅を雑煮に入れる!?と聞いて驚きましたが、しかし、京都の白味噌の雑煮もじゅうぶん甘く、慣れない人には食べにくいかもしれません。Nishiki-chanは、大晦日はオールナイトで巫女さんのアルバイトをするそうです。「袴の下にパッチはいたら暖かいよ」などのアドバイスが飛び交います。巫女さんのバイトとは?→Podcast No.95

■ U-Cイベント情報:HS Podcast No.144-2, Dec27, 2013(9:58)

アメリカでは、クリスマスよりもNew Year’s Eveにイベントが多いようですね。St.LuiseからRyutaさんにイベント情報を届けてもらいました。

◎シャンペーンのダウンタウンでは、大晦日にVirginia Theatreで地元の合唱団によるコンサート(7pm-9pm)が開催されます。

◎子ども/家族連れむけに、Orpheum Children’s Museumでは12月31日のお昼の12時にあわせたカウントダウンがあります。

◎シカゴですが、Navy Pierの新年の花火は毎年の定番です。(年が変わった瞬間から打ち上げます。)

電飾、Champaign, Dec.27.2013

電飾、Champaign, Dec.27.2013

■親からみたシューカツ with Toshiko, Nerima-ku、Tokyo:

HS Podcast No.144- 3, Dec27, 2013(17:28) 

久しぶりに東京都練馬区のToshikoさんの登場です。前回は、「東京では爆弾低気圧の成人式、受験の季節」(Podcast No.96)について話してもらいました。その時は下の娘さんが大学受験でしたが、今回のお話は、上の娘さんの半年続いた就職活動についてです。

Toshikoさんは、シューカツ用の服をそろえるために娘さんと買い物へ、ブラウスに靴に鞄にと、出費が多くなります。娘にとってはもっとも身近な社会人である父は、エントリーシートの書き方や面接について、「自分の言葉で語れ」とアドバイスをします。

タテマエは男女平等になりつつあるとしても、実際には、女子には女子の苦労があります。娘さんのシューカツのしんどさを間近でみてきたToshikoさん、今年も黒いスーツを着て歩いて入る女子学生の後ろ姿をみていると、たいへんだろうけど、なんとかがんばって、と思います。

Toshikoさんから、トークの後から、こんなメールをもらいました。

働く父を認識、お父さんってエライ

今回の約半年の就活を通して 娘は成長したなあと思った。今まで自分の身の回りしか関心がなかったのに、自分の知らなった業種の会社を調べ、面接を受ける機会を得て 一時的に広い世間 社会に興味が広がったよう。自分の父を新たな視点から尊敬?するようになった(これも一時的かも?)。お父さんや友人たちの親が勤めている会社に入るのは、とても難しいとわかった。わずかな夏休みと年末年始休み以外は、毎日朝6時に出てあの満員電車にのり通勤、30~45才くらいは子供が起きている時間には帰宅できない毎日、4人の家族を住まわす家を用意し、養う給料を毎月もってくる、それがとても大変な事だという事が、就職活動を通して見た今後の自分が受け入れなきゃならない現実と直面してわかった。「お父さんってえらいと思う」と言っていた。

まだまだ考えが甘いし 常識的にはこんなことも知らないの?とびっくりするようなことが多いけど若い分のびしろがあるし、たくましくなって行きそうな気配を感じる。こちらもがんばらんとね。Toshiko

今年もありがとうございました。スタジオにもぜひ、遊びにきてください。

そんな年の瀬に、Harukana Showからの声が誰かに届いているとしてら、とてもうれしいです。今年も、ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

UrbanaのダウンタウンにあるWRFUのスタジオにもぜひ、遊びにきてください。郵便局と同じ建物です。お問い合わせは、haruwa@me.com までお知らせください。
WRFUスタジオ、Dec.27.2013

WRFUスタジオ、Dec.27.2013

■ おぼたけし「果てしなき闇の彼方に」(テレビ「あしたのジョー2」挿入歌) ■ NMB48「12月31日」■ Eagles「「Funky New Year (Live Millennium Concert Version)」■ Foo Fighters「Next Year

カテゴリー: Harukana Show-Podcast パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です