No.81 October12, 2012 西宮市のさくらFMとWRFUスタジオ、Urbana,杜の街のスマイル通貨

U-Cは、もう暖房の季節です!

U-Cは、夜は摂氏数度まで冷え込んできました。寒がりのTamakiさん宅は、すでにセントラルヒーティングを入れて暖か。イリノイ大学の図書館も暖房が入っています。本を読みながら眠くなってしまいそう。

京都は、金木犀の甘い香り、せかせかお仕事の行き帰りも、少し気持ちがやわらぎます。

Podcastの前半は、Tamakiさんの秋のお茶菓子、あつあつ「どら焼き」*のお話と、Mugikoの兵庫県西宮市のさくらFM見学談です。HS Podcast No.81-1 October12, 2012

*Tamakiさんオススメ動画「How to Make Dorayakiどら焼きの作り方」(ナマどら焼き[ホイップクリームあんこ]も、美味しそう!)

後半はRyutaさんを中心にU-C情報、Urbanaのダウンタウンのユニークな取り組みについてです。HS Podcast No.81-2, October12, 2012

さくらFM〜兵庫県西宮市のコミュニティラジオ

2012年10月4日、兵庫県西宮市にある、さくらFM(西宮コミュニティ放送株式会社)の「國友ゼミナール」という番組に出演しました。西宮市は、神戸市と大阪市のあいだに位置し、人口48万人を越します。市内には、阪神甲子園球場があります。

さくらFMは、西宮市や市内の事業所が出資して1998年3月に設立されました。2005年には出力が10Wから20Wに、2012年10月1日からは、Simul Radio(サイマルラジオ)に参加、世界中からインターネットで生放送を聴くことができるようになりました。この日は、「國友ゼミナール」のサイマル放送の記念すべき初日、でした。

駅から徒歩3分、立派なスタジオ

さくらFMのスタジオは、JR.西宮駅から徒歩3分のビル内にあります。8時25分に駅の改札口で、番組の2人のパーソナリティ、上村くにこさん、今津朋子さんと待ち合わせ、番組は9時開始。「あんまり小さな局なのでびっくりしますよ〜」と言われながら局へ。実際にびっくり、立派やん。

スタジオが2つ、別の打ち合わせスペースもあります。私が入ったスタジオは、このWRFUのスタジオの広さの2倍ほど。ミキサーの機材のスペースとは別に、トークのテーブルと3本のマイクと椅子。放送局専属のディレクターさんが、セッティングも音声調整も記録も時間の指示もしてくれます。私は、好奇心で、うきうき。

さくらFM@西宮市, October4, 2012

「かけましょう〜か、関西では有名ですから」

生放送の2時間番組ですが、打ち合わせも、短時間でおしゃべり風。イリノイ大学の広々としたキャンパスが話題になりました。以前、Harukana Showで、有山じゅんじと上田正樹の「梅田からナンバまで」をかけたときに、Ryutaさんから「大坂の梅田から難波までは、イリノイ大学のキャンパスの南北の長さですね」と、ナイスコメントがありました(Podcast No.53-2)。その話をしていたら、言葉少なく番組の準備をされていたディレクターさんが、しぶく、「かけましょか」と。「え〜、あるんですか〜」「関西では有名ですから」。

そこで、すっかり関西気分になりました。

番組が始まると、2人のパーソナリティに、ほどよく挟まれ、ゲストの私は、トークの行方をお任せ。どちらかが話題を先走ると、相方が引き戻し、つっこみ、またホローする。この関西的な、のりは気持ちよかったです。つい、私も話しすぎて(のせられて)、30分の出演予定が、10分も長くなりまいた。すみません。

いまさらですが、アネです

そして、さらには、私事な話で申し訳ないのですが、パーソナリティの方が、リクオのファンだということで、彼のCDから曲をかけることになりました。Harukana Showでは、話していなかったのですが、関西出身のローリング・ピアノマンこと、リクオは、実は、私の弟です。

さくらFMの番組のなかで、そう紹介されたので、「は〜、ま〜、リクオの姉です」、と話していると、リスナーさんから、番組宛てに長いメール。その一部に、「弟さんがリクオさんですか。大好きなピアノ弾きさんです。ライブは10回以上おじゃまさせていただいています」と。最後に、「そうそう、今夜から國友ゼミナール、サイマル放送なんですね!神戸だって、パリだって聴けるんですよね!、スゴイっ」と。

さくらFMは、地元の人々とつながったコミュニティラジオだなあ、と思いました。

ついでですが、小さなWRFUのスタジオの自慢

ついでに、UrbanaのWRFUのスタジオについても説明しておきます。Tamakiさんの表現を借りると、「4畳半」の懐かしくも小さなスペースに、最小限の機材をおいた机の周囲にかろうじて3本のマイクが設置され、その周りを、たき火を囲むかのように、椅子を置き、井戸端会議をしているようにトークをしています。

しかし、自慢すべきは、これが、住民や関係者による手作りのスタジオだということ。DIYなラジオ局です。そして、通路側から、スタジオ内をのぞき込める大きな窓、放送中も、通る人が、中の様子を眺めたり、スタジオ内から手をふって挨拶したりできます。

そして、こんな小さなスタジオでも、ソファーがあります。リスナーの皆さんが、番組を見学にこられても、ゆったりと座ることはできますので、ぜひ、遊びにきてください。

harukana showの見学希望、リクエスト、メッセージは、haruwa@me.comへお寄せください。

WRFU Stadio,August13, 2012(魚眼レンズで精一杯大きく写してみました)

U-C情報〜杜の街、Urbanaのスマイル通貨

Ryutaさんから楽しい話題を提供していただきました。UrbanaがTree City of USAに選ばれ、2012年10月13日(土)にUrbanaのダウンタウンを中心に、木々とアートを楽しむ記念行事が行われます。そんな杜の街、Urbanaを中心に、11月からU-Cスマイルという地域通貨の取り組みが始まります。そして10月27日(土)はJapan Houseの秋のOpen Houseです。野外で和太鼓演奏が行われます。秋祭りの気分をお楽しみください。

■須永トミエ「金木犀」■リクオ「噂の男」 ■ リクオ&石田長生&多和田えみ「スローバラード」 ■カルメン・マキ「Soul」

 

カテゴリー: Harukana Show-Podcast パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です