No.319, April28, 2017,フランス大統領選挙の“盛り上が”with Sayaka

ゴールデンウィークのはじまり

日本はすでに4月29日、この1週間に国民の祝日が4つあります。4月29日「昭和の日」、5月3日「憲法記念日」、5月4日「みどりの日」、5月5日「こどもの日」です。今日から、旅行にゆきます、という方も多いと思います。そんなゴールデンウィークの初日、番組開始前に、北朝鮮情勢についてのニュースをみて、Mugikoは、緊張しながら放送していました。(NHK NEWS WEB4月29日11時55分

小手鞠@Kyoto, April25, 2017

Podcastは3部構成

UrbanaのWRFUのStudioは機材担当のTomさん、St. LouisからRyutaさん、KyotoからMugikoです。Tomさんから、Mugikoはもう少しおしとやかに話すとRyutaさんと声がそろって音が調整しやすい、というリクエスト。ところが、ゲストのSayakaさんと話すときには、私の声が小さく聞こえます。なかなか難しい。

HS Podcast No.319-1, April28, 2017:Alexさんのおすすめの曲、イベント情報

HS Podcast No.319-2, April28, 2017:フランス大統領選挙の「盛り上がり」with Sayaka

HS Podcast No.319-3, April28, 2017:政治家の本もよく売れるwith Sayaka

こいのぼり@Kyoto, April23, 2017

CUイベント情報

Pages for Pennies, Spring Book Sale @UCIMC, 4/29(土)10am-5pm, hardvover$2, $0.5 paperback, Children’s books $0.25-$1, “Come one, come all, bring your friends to Books 2 Prisoners Spring 2017 book sale. This is our number 1 fundraiser to help us continue to serve a forgotten population. Prisoners read the same books you do. Help us to continue to serve them. To date since 2004, we have sent 126,291 books in 37,524 packages to 18,782 inmates!” UC Books to Prisoners

Children’s Day at Japan House: 5/6 (土) 1:30pm-3pm, free. U of I Japan House (2000 S. Lincoln Ave, Urbana) 折り紙などのアクティビティのほか、イリノイ大学の学生グループによるパフォーマンスなどもあるようです。

芍薬(しゃくやく)@Kyot, April25, 2017

政治討論を真剣に楽しむフランス文化with Sayaka

今日のゲストトークは、Sayakaさんです。パートナーはフランス人、1年の8ヶ月を南仏Albiで、4ヶ月を日本のIseで過ごしています。Harukana Showへの出演は20回をこえます。日仏の暮らしのなかから見える身近で意外な話題を、毎回楽しみにしているファンの方もいらっしゃるかと思います。

今回のトーク(前半)は、フランス大統領選挙の「盛り上がり」についてです(Sayakaさんのトークもいつもにまして、ヒートアップ)。フランスの政治文化の活写を、ぜひ音声からお楽しみください。

Sayakaさんから届いた写真。フランスのトゥルーズにある宇宙博物にあるソユーズのなかで撮影(ちょっと狭すぎる)。子供の頃の将来の夢は、「宇宙飛行士になりたい!」

フランス人は討論が心底好き、若者も政治に関心、運動に参加

「プライムタイムにTV公開討論会、家庭でも職場でも近所でも政治討論を真剣に楽しみ議論する人々」「Tolulouseで行われたアモン候補(社会党)の政治集会へ行ってみてびっくり、長蛇の列、その9割が若者」「ユニバーサル・ベーシックインカム論」「投票日は、住民のほぼみんなが投票場へ、地域においても一大イベント、お祭り」「政治家の出版物もよく売れ、候補者の政策と哲学を読み比べて、また議論を楽しむ」「投票日の夜は、家族や仲間が集まり、ワインを飲みながら、開票速報を “観戦”」「父ル・ペンの時(2002年大統領選挙)は最終候補に残りフランス中が唖然、今回娘ル・ペンは予想通り最終候補に残る」、トーク後半へ続く。

シラン@Mugiko House, April21, 2017

Ryutaさんのコメント

Syakaさんのトークに圧倒されつつ、Ryutaさんが番組のなかで次のようなコメントをしていました。「アメリカの大統領選挙も候補者のTV公開討論会は一大イベントです。またたとえば前回のアメリカの大統領選挙において、多くの若者が熱くサンダース候補を支持していた様子など、Sayakaさんの話にあったアモン候補の政治集会の様子と似ています。しかし、アメリカでは、政治家が書いた本を多くの人が読んで議論をするところまではゆかず、そこにはフランスの出版文化が背景にありそうです。」

Sayakaさんのおすすめの曲

今回お薦めの曲はJAIN(ジェイン)の “Come” です。ジェインは多分2016年にフランスで最も注目されたアーティストで、英語で歌っていますがほぼ地元、トゥルーズ出身のフランス人です。親の仕事の関係でアフリカやらアラブ圏の国々住んだ経験がありその影響が音楽にも表われています。

また、今回話題にしたアモンさんの集会で、Hamonが入場する時に使われていたのが、Lilly Wood & The Prick & Robin Schulz「Prayer in C」です。よく売れた「ポピュラーソング」ですが社会問題について歌っています。英語ですが、 リリー・ウッド・アンド・ザ・プリックはイスラエルとフランス出身アーティストです。by Sayaka

シシリアレモンの花、爽やかな香り@Mugiko House, April28, 2017

Alexさんのおすすめの曲

中間テスト期間がやっと終わったAlexです。結構大変でした。でも頑張りました。そして今結構眠いです(笑)。まだ結果が全部出てないですが、悔いはないです。さて、今週の僕が紹介する学生の名前はファン・ソヒョンさんです。中高生の時シンガポールに滞在し、大学はアメリカで通いました。彼女が選んだ曲は映画「ムーラン・ルージュ」のOST「Come What May」です。彼女によると、自分のお姉さんの結婚式でこれをフルートで演奏したそうです。やっぱり結婚式で何かサプライスイベントっていいですね〜。by Alex

■Nicole Kidman, Ewan MacGregor「Come What May」■Jain「Come」■Lilly Wood & The Prick & Robin Schulz「Prayer in C(Robin Schluz Radio Edit)

我が家のプチ藤棚@Kyoto, April27, 2017

カテゴリー: Harukana Show-Podcast パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です