No.359, Feb.2, 2018, 節分の夜の女子会〜サトイモとリンゴ飴 with Nishiki&Tsujino

節分に楽しく食トーク

もうすぐ立春だというのに日本は寒さが続き、各地で雪が降っています。今週は、日本人スタッフがお休み、Tomさんが機材担当と番組ホストの二役をこなし、英語で「節分」を説明してくれました(Oni wa soto, Fukuwa uchiと日本語もまじえながら)。収録トークは久しぶりにNishikiさんとTsujinoさんが出演、Mugikoと3人で賑やかに食の話をしています。最近、Tsujinoさんが気にしているのは、ある野菜です。

広島の春日農園の冬野菜@Kyoto, Jan.28, 2018

Part.1 滑らかサトイモの魅力 by Tsujino、オムライスを練習中 by Nishiki

Tsujinoさんが最近、関心をもっているのは、サトイモ。色々な種類のサトイモをふかして、滑らかさや舌ざわりの違いを味わっています。大阪、京都ではお節料理にえび芋を使ったり、八頭(やつがしら)をお雑煮に入れたりします。Nishikiさんは、フライパンでホイッ、とひっくり返してオムライスを練習中、ふわっと卵に包んだりチーズを入れたりして工夫しています。

Tsujino-san@Kobe, Jan.18,2018

食材の思いがけない使い方、出会い〜サトイモのホットドリンク

食の楽しみの1つに、食材の思いがけない使い方との出会いがあるように思います。それでふと浮かんだのが、サトイモと秋刀魚(さんま)の使い方です。中国でとても寒い日に、偶然サトイモのホットドリンクを飲む機会がありました。サトイモは野菜でスイーツやドリンクではなく食事で楽しむイメージが強かったので、思わず注文して飲んでみたところ、やさしい甘さが口に広がり、体があたたまりました。そのことを思い出し、レシピを探したり、知り合いに聞いてみたのですが、分からず仕舞いでした。が、ふとサトイモはタロイモ属なので、もしかしたらタロイモで調べるとなにか分かるかもと思い、検索してみましたら、ありました!そう、台湾などでも楽しまれている、芋のジュースの一種のようです。慣れ親しんだ食材の使い方ではない利用法の発見ですね!

Photrip 台湾「芋のジュースが大人気

ほっこり里芋団子あんかけ@Kyoto, Jan.30, 2018

恵方巻きの具材に秋刀魚
思いがけない食材の取り合わせと言えば、最近MEDIA ROCCOクッキングで恵方巻の具材があります。具材にアナゴをいれるバージョンと秋刀魚の味噌煮をいれるバージョンをつくってみました。巻きずしにいれる具材として穴子は定番食材の1つですが、秋刀魚のそれも味噌煮は思いがけないチョイスでした。気仙沼の秋刀魚味噌煮をいれ巻いて食したら、なかなかなお味でした。食材の思いがけないレシピがあれば、みなさん教えてください。by Tsujino

フレッシュなクレッソンのスープ@Kyoto, Feb.1, 201

Part2, 甘い話がとまらない、ガトーショコラ、タルト、リンゴ飴

学生時代は、お菓子作りが趣味、ガトーショコラも独自の材料配分 by Nishiki

Nishikiさんは、学生時代は、お菓子作りが趣味でした。得意とするのは、ガトーショコラ。お砂糖をかなり少なめにして、ミルクチョコレートをたっぷり入れます。お菓子の材料の自分なりの配合を書いた分厚いレシピノートを作ってました。Tsujinoさんが忙しい時にオススメなのが、クラッカーを使った簡単タルト、フルーツを工夫すれば(今ならキンカンなども)、種類も豊富です。

Nishiki-chan@Kobe, Jan.18, 2018

リンゴ飴、ミカン飴、イチゴ飴

冬にはリンゴのスウィーツもいろいろありますね。Tsujinoさんは美味しい「タルト・タタン」が食べたいとつぶやき、Mugikoは、小学校の給食で冷凍焼きリンゴを思い出し、Nishikiさんは、りんご飴、みかん飴もいいけれど、イチゴ飴がおすすめだそうです。

Kanaさんからイチゴ飴の写真が届きました!

きのう、吉田神社の節分祭へ行きました。そこでイチゴ飴を食べたので、写真を送ります。かき氷のイチゴ味を食べているときに、急に本物のイチゴが出てくるというおいしさでした。by Kana

節分祭の屋台のイチゴ飴@Kyoto, Feb.3, 2018, by Kana

Part.3, 和菓子にフルーツ、苺大福だけじゃない

フルーツを使った和菓子といえば、生の色鮮やかな苺を入れた大福餅、最近は、メロン、パイナップル、カキ、マスカット、など多彩なフルーツ大福があります。バレンタインデー用に、チョコレートを練りこんだ干菓子もあるそうです。

節分の生菓子

最後に、Tsujinoさんから節分の和菓子の写真が届きました。それにしても美しい。なんとも艶かしいお多福、ゴボウのツノのオニ、厄払いをして春へ。

節分の和菓子@Osaka, Feb.1, 2018 by Tsujino

Part4, コメントby Tom &CU MARCH for DACA

Tomさんの子供の頃は、ケーキやクッキーはクリスマス、Apple Candyはハロウィンに売られていたそうです。Tomさんは、甘いものはあまり好きではなさそう、今日のトークへのコメントには、少々苦労していました。

こだわりのリンゴ「こみつ」、輪切りで皮のまま食べる@Kyoto, Jan.30, 2018

C-Uイベント情報

Bend the Arc: CU MARCH for DACA:2018年2月3日(土)11:30-12:30, Please join us in marching from the WCIA Channel 3 office on Neil St in Champaign to the News-Gazette office at 15 Main St in downtown Champaign. Bring signs in support of the Dreamers.

DACAについてはHS Podcast No.358

■東京HIPHOP「節分」■YMCK「ふわふわ卵のオムライス」■くるり「りんご飴」■吉井和哉「りんご追分」■HAIM「Want you back

2018年の「恵方」は南南東、らしい@Nagoya, Feb.3, 2018

 

カテゴリー: Harukana Show-Podcast パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です