No.105 March29, 2013 鍼灸談withTateishi、アメリカにもSpaがある

U-Cのドカ雪、京都は桜満開、観光客満杯

今週は、U-Cは春の大雪、30センチ積もって、春休み明けのイリノイ大学もいきない休講、でしたね。京都は桜は満開、観光客で満杯の週末です。「実家を出よう」、街で目に入ったコピー、不動産屋産でした。日本の大学は卒業式も終わり、新入生も卒業生も移動の季節です。

”月曜がとうとうSnow dayでお休みになるくらいの大雪でした、我が家の隣ではHeavyでWetな雪が常緑樹の枝葉にからみ付いてその重みで木が根元から折れてましたし、リンカーンスクエアのパーキングでは除雪した雪を隅に押し寄せて積み上げて3メートル級の小山の輪郭ができたとか”by Tamaki ドカ雪@Champaign, March25, 2013 by Tom

Podcastは三部構成です。

HS Podcast No.105-1, March29, 2013:イベント情報

HS Podcast No.105-2, March29, 2013:Tateishiさん、心身もDIY、鍼灸院に通う

HS Podcast No.105-3, March29, 2013:Tamakiさん、アメリカにもSPA!

イベント情報

Edible Book Festival:4月1日(月)

Japan House春のオープンハウス:4月13日(土)

Midwest Zine Fest@UCIMC:4月13日(土)

Tateishiさん、心身もDIYトーク第二弾、鍼灸院に通うの巻

知り合いに勧められて鍼灸に通ってみて2年ちかくが経とうとしています。最初は通院が続くかどうか分からない部分がありましたが、とても話しやすい、若い先生のおかげで、月に一回、自分の身体を見つめ直す時間を確保しています。西洋医学と東洋医学のアプローチの違いを感じながら、それぞれの良い部分を取り入れて自分の体をケアしていくことで、日常生活にも好影響がでてきたんじゃないか、と思っています。実際、鍼灸をやってからは大きな病気はしていません。バランスを保つための処置として、鍼は心身両方にジワジワと効いてくる感じがしています。By Tateishi

お灸といえば、子供の頃、おばあちゃんが家でやっていたなあ〜、という思い出、私よりずっと若いRyutaさんやTamakiさんにも通じました。お灸は、日本では、ある時代までは普通に家庭で行われていた療法だったのかな。

Tateishiさんが京都から通う神戸の鍼灸院は、鍼とお灸とマッサージでたっぷり二時間、その間、鍼灸師さんとはいろいろなおしゃべりをするそうです。それこそ心と体のトータルケアーですね。鍼灸を受けた後は、Tateishiさんは神戸や大阪のスタジアムへサッカー観戦か、あるいは湊山温泉で体をゆっくり。この鍼灸トークも、話しているうちに、だんだんとヒートアップしていきます。内側からいつも熱いTateishiさんでした。by Mugi

Tamakiさんが、アメリカにも「生の温泉」(hot spring)やSPAがあるというお話が続きます。Tamakiさんが行ったのは、こんな温泉センターです。

■ AKB48(TeamK)「引っ越しました」■植村花菜(かな)「春にして君を想う」■ チャットモンチー「テルマエ・ロマン

Sakura@Kyoto, March30, 2013

Sakura@Kyoto, March30, 2013

 

カテゴリー: Harukana Show-Podcast パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です