No.245, Dec.4, 2015、師走にゆっくり懐メロ

師走にほんのり甘い柚子茶

師走になってしまいました。なんだか慌ただしい。でも、Harukana Showの時間が来ると、ほっとします。いつものと変わらぬ時間があることは、ありがたい。UrbanaのスタジオはTomさん、St. LouisからはRyutaさん、KyotoからMugikoです。U-CのTamakiさんからのメールです。「寒くなってからのエナジードリンクは韓国から来た柚子茶、お湯で好みの甘さに割ってから飲みます。
乾燥した時に喉に潤いが戻る感じがいいのですよ〜。」U-Cは、Kyotoより空気が乾いていそう。日本はお鍋の季節ですね。

白菜とキノコとハモのお鍋に、赤い大根おろしと生姜とネギ、心身温まります@Kyoto,Nov.29, 2015

白菜とキノコとハモのお鍋に、赤い大根おろしと生姜とネギ、心身温まります@Kyoto,Nov.29, 2015

Podcastは3部構成

今日は、あわただしい師走に、少しゆっくりと時代をさかのぼり、青春系の「懐メロ」(といっても、意外と新しい)曲とおしゃべりをお届けしました。

HS Podcast No.245-1, Dec.4, 2015:師走のエナジードリンク、「怠け者になりなさい」

HS Podcast No.245-2, Dec.4, 2015:Alexさんの「懐メロ」、Ryutaさんからイベント情報

HS Podcast No.245-3, Dec.4, 2015:「爆買い」のある風景

「怠け者になりなさい」

11月30日に、「ゲゲゲの鬼太郎」などの作品で知られる漫画家の水木しげるさんが93歳で亡くなられ、今週の新聞には連日、関連の記事が載っていました。そのなかに、「怠け者になりなさい」という見出しがありました。水木語録のひとつ、「時には力を抜き良い結果を出すための方法」。怠け者になるというのは、自分を状況から少し引きはがしてぼんやり眺めてみるということかなあ。Ryutaさんの話では、アメリカでも「妖怪」研究があり、英語の妖怪の図像学本や、また水木さんの従軍体験や昭和の歴史に関する漫画や本も翻訳されているそうです。

なんだろう?@Mugiko House, Dec.4, 2015

なんだろう?@Mugiko House, Dec.4, 2015

U-Cイベント情報

Holiday Open House @Allerton:12/12 (土) – 14 (月) 10:00am-4:00pm チケット$12 ふだんは一般公開されていないAllerton Parkの邸宅のオープンハウスです。地元のお店や地域で活動しているアーティストによるギフトショップの出店もあります。

Japan House Holiday Bazaar: Mottainai! :12/12(土)-13(日)11:00am-4:00pm *Special Tomonokai Reception: Friday, December 11, 2015 5:30-7:30 pm

小さな風景を変える観光客

電通総研「話題・注目商品2015レポート」(11月26日発表)や「2015ユーキャン新語・流行語大賞」(12月1日発表)でも、「爆買い」が話題になっていました。観光客は何をたくさん買うのだろう。東京経済ONLINE(11月16日)にこんな記事がありました。石山 真紀( フリーライター・売り場研究家)「中国人はドンキで何を『爆買い』しているのか:訪日客の意外なおみやげ選び

「爆買い」の背景にある観光客の増加は、とくに京都では実感します。近所に、私の子供の頃からあるローカルなスーパー(昔は市場)があります。その2階のお菓子売場の一角に、Macha味のお菓子を集めたコーナーがつくられていました。アルファベットやハングルや中国語の文字。近くに有名なお寺もあり観光客よく通る場所にお店はありますが、その2階の奥の目立たない場所でも、SNSなどを通じて情報が届けば、足を運ぶ人もいるのかもしれません。観光客に限らず、抹茶味好きには、興味深いコーナーですが。

近所のローカルなスーパーにMatcha棚@Kyoto, Dec.4, 2015

近所のローカルなスーパーにMatcha棚@Kyoto, Dec.4, 2015

Alexさんのおすすめ曲ー青春の懐メロ

いよいよ卒業が目の前にあるAlexです。今週の曲は久しぶりに懐メロにしました。今週の曲は「中村雅俊」の「ふれあい」です。1974年にリリースした曲で中村雅俊さんが出演したドラマ「われら青春!」で歌った曲です。すごく人気があってミリオンセラーにもなりました。麦子さんはこの曲聴いたことありますか?ドラマはどうですか?by Alex

当時中学生、とても懐かしい。番組テーマ曲になった「帰らざる日のために」、後にキャンディーズがカバーしました。どちらの曲も、歌詞を口ずさんでしまいます。Mugi

Ryutaさんが選んでくれたのは、70年代の曲の21世紀でのカバーです。

■熊倉一雄「ゲゲゲの鬼太郎」■中村雅俊「ふれあい」■キャンディーズ「帰らざる日のために」■Go!Go!7188「心の旅」■つじあやの「渚のシンドバッド」■椎名林檎「青春の瞬き

2人の同窓会、あんなことあったなあ@Mugiko House, Dec.4, 2015

2人の同窓会、あんなことあったなあ@Mugiko House, Dec.4, 2015

カテゴリー: Harukana Show-Podcast パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です